• カフェインレスコーヒーのメリットとデメリット

    カフェインレスコーヒーは、デカフェとも呼ばれていて、コーヒーに含まれているカフェイン成分を取り除いた物で、水法、エチルアセテート法、超臨界二酸化炭素抽出法、メチルクロライド法などの除去方法によってカフェインレスコーヒーが作られますが、完全に除去する事は難しく、ヨーロッパではカフェイン含有量がコーヒー豆中の0.2%以下で、インスタントコーヒーの場合は0.3%以下である物がカフェインレスコーヒーと定められています。

    カフェインレスコーヒーのメリットは、空腹時に飲んでも胃や腸が荒れる事がなく、鉄分の吸収を妨げなくなるので貧血の改善や、コレステロール値の上昇防止などがあり、偏頭痛がある人は、カフェインによって血管の収縮作用があるので改善効果があります。



    また、妊娠中や授乳中の人も安心して飲め、コーヒーの香りにはリラックスさせる効果があるので寝付を良くする効果があり、睡眠を邪魔する成分が含まれていないので深い眠りができ、1日の摂取制限がないので好きな時に何杯でも飲む事ができます。

    goo ニュース情報探しのヒントをお教え致します。

    カフェインレスコーヒーのデメリットは、カフェインが持つ脂肪燃焼酵素の活性化や脳卒中のリスク減少、眠気解消、集中力&記憶力アップ、リフレッシュ&リラックス効果などが得られない事となりますので、必要に応じて通常のコーヒーと併用して飲むようにするのですが、カフェインが体内で分解できる量は1日500mg程度となるので飲み過ぎには注意します。