コーヒーカプセルでおいしいコーヒー - ドイツの官公庁でコーヒーカプセル規制?
  • コーヒーカプセルでおいしいコーヒー

    街はおしゃれなカフェあふれ、おいしいコーヒーを飲める場所が増えてきました。



    家で淹れるコーヒーとは一味違う美味しいコーヒーを出す喫茶店はいつも賑わっています。

    ところが最近では自宅でおいしいコーヒーを淹れたいという人が増え、それに伴ってコーヒーカプセルで1杯ずつ丁寧に淹れるコーヒーが流行りです。

    1杯ずつ淹れると香りや味がよくなるのはもちろんですが、レギュラーコーヒーだけでなく、エスプレッソが淹れられたり、さまざまなフレーバーコーヒーが淹れられたりするのが魅力です。


    使い方も簡単で、コーヒーカプセル専用マシーンにカプセルをセットするだけですから取り扱いがしやすくとても手軽です。

    どんな人にもジョルダンニュース!といえばこちらです。

    カプセルはとにかくバラエティー豊かなラインナップです。
    フレーバーコーヒーを楽しめるマシーンですとカプチーノやソイラテ、ティーラテのカプセルまであります。コーヒーにはミルクが欠かせないという方にはカフェラテのカプセルがあり、レギュラーコーヒーを淹れてから牛乳を温めたりする手間は一切なくボタンひとつでカフェラテを作ることができて便利で味も本格派です。

    エスプレッソ好きの人にはエスプレッソ専用のマシーンがあり、苦味のあるタイプはこれ、フルーティーなタイプはこれ、バランスのいいタイプはこれ、と細かくカスタマイズされた種類豊富なカプセルがあります。その日の気分でコーヒーカプセルを変えて飽きずにコーヒータイムを楽しめます。

    ただし、カプセルは1つずつパッケージされているので鮮度を維持しやすく味は確かですが、コーヒー豆で淹れるよりランニングコストは高くつきます。

    またマシーン専用のカプセルしか使えず、どこでも手に入るわけではないので常に手持ちのカプセルを切らさないように気を配らなければなりません。