カフェインレスコーヒーについて - ドイツの官公庁でコーヒーカプセル規制?
  • カフェインレスコーヒーについて

    通常のコーヒーにはカフェインが含まれていますが、妊娠中はカフェインの摂取を控えるのが一般的であり、PMSによるイライラを改善する方法のひとつとしても、カフェインを取らないように心掛けることは有効な手段となります。カフェイン自体は、極端に多い量を摂取しなければ毒にはなりませんが、摂取する方の状況によっては、何らかの問題が生じることもあります。しかし、コーヒー好きにとって、飲むことができないのはとても大きな問題であり、その際におすすめなのが「カフェインレスコーヒー」です。

    カフェインを取り除いたものなので、カフェインによる影響を気にする必要がありません。


    最近では、カフェインレスコーヒーもようやく浸透し始め、様々なメーカーが販売するようになりました。

    気になるYOMIURI ONLINEについて考えます。

    カフェインを取り除いていても、風味や香りは損なわれることなく、味わいのあるコーヒーとなっています。



    また、ホットコーヒーだけでなく、ボトルのアイスコーヒーもありますので、季節を問わず、安心してコーヒーを楽しむことができます。



    スティックタイプでは、あらかじめコーヒーとミルク、甘味料が合わさっているので、ワンタッチで手軽にカフェインレスコーヒーを飲むことができます。
    カフェインレスコーヒーは、就寝前に飲んでも睡眠に影響を与えることはありませんので、寝る前にひとときの癒しを味わいたい時にも最適です。

    メーカーによって味が異なりますので、色々なカフェインレスコーヒーを試してみるのも良いでしょう。