ドイツの官公庁でコーヒーカプセル規制?
  • ドイツの官公庁でコーヒーカプセル規制?

    • 2016年2月19日、ドイツの官公庁でコーヒーカプセル禁止が発表されました。

      Reuters使いやすさが好評です。

      コーヒーカプセルは、手軽にプロ並みの風味を楽しめることから、世界中で急速に普及しています。しかし、急速な普及によりメーカーにある課題がつきつけられています。
      それが、カプセルの容器の問題です。


      コーヒーカプセルに使われている容器は、プラスチック製にアルミコーティングが施されています。

      これは、カプセルの保存されたコーヒー豆やスキムミルクといった原材料の品質を外気から守り、風味を損なわないための工夫です。

      しかし、このカプセルは再利用できないため、使用後に全て廃棄処分しなければならず、アルミの飛散に繋がるというのです。
      このことが、環境やゴミに敏感な欧州各国から問題視されており、最初のドイツ官公庁の全面規制につながりました。

      メーカーは、問題をつきつけられる形になりましたが、今後どのような対策を講じるのでしょうか。
      考えられる対策が、カプセル容器の回収です。



      アルミコーティングなど品質を守る上で欠かせない構造をしているため、回収してメーカー側で処理するといったことが考えられます。

      もう一つの可能性は、新しいカプセル容器の開発です。アルミコーティングを使わないカプセル容器の開発により、コーヒー豆やミルク粉末の品質と風味を守りながら、環境への問題へ対処すると考えられます。コーヒーカプセルは世界中で人気を集めており、急速に市場を拡大していますが、同時にカプセル問題の解決も求められています。



  • 初心者向きコーヒー

  • これからのコーヒー

    • カフェインレスコーヒーが持つ驚くべき効果

      カフェインレスコーヒーと言えば胃腸が悪い人、妊婦が飲むコーヒーの代わりという印象がありましたが、最近ではその効果に注目が集まっています。カフェインレスコーヒーが持つ驚くべき効果とはどのようなものがあるのでしょうか。...

  • 大事なコーヒーの事・難しくないコーヒー

    • カフェインレスコーヒーのメリットとデメリット

      カフェインレスコーヒーは、デカフェとも呼ばれていて、コーヒーに含まれているカフェイン成分を取り除いた物で、水法、エチルアセテート法、超臨界二酸化炭素抽出法、メチルクロライド法などの除去方法によってカフェインレスコーヒーが作られますが、完全に除去する事は難しく、ヨーロッパではカフェイン含有量がコーヒー豆中の0.2%以下で、インスタントコーヒーの場合は0.3%以下である物がカフェインレスコーヒーと定められています。カフェインレスコーヒーのメリットは、空腹時に飲んでも胃や腸が荒れる事がなく、鉄分の吸収を妨げなくなるので貧血の改善や、コレステロール値の上昇防止などがあり、偏頭痛がある人は、カフェインによって血管の収縮作用があるので改善効果があります。...

    • カフェインレスコーヒーについて

      通常のコーヒーにはカフェインが含まれていますが、妊娠中はカフェインの摂取を控えるのが一般的であり、PMSによるイライラを改善する方法のひとつとしても、カフェインを取らないように心掛けることは有効な手段となります。カフェイン自体は、極端に多い量を摂取しなければ毒にはなりませんが、摂取する方の状況によっては、何らかの問題が生じることもあります。...